ランドセルの素材

ランドセル素材の特徴

これから小学校に上がる、大切で可愛いお子様の為にランドセル購入を検討するには、キャラクターやデザイン重視で選ばず、6年間お子様と共に成長するランドセル選びは素材も選ぶポイントとして非常に重要です。

 

先ず、ランドセルに付いている品質表示ラベルをよく見て下さい。

 

素材価格は、コードバン、牛革、クラリーノマイティーン、クラリーノF、クラリーノソフトと順に安くなって行きます。

 

長い目で見ると牛革のランドセルは全体の作りがしっかりしています。

 

牛革の裏革にウレタン加工を 施した「何々カーフ」と記載されている物もあるので気を付けて下さい。

 

経年劣化で肩紐が切れ易くなる事があります。

 

また、背カンは薄いものは選ばない様気を付けて下さい。

 

背カンは殆どの物がプラスティックで出来ており、薄い物ですと壊れ易いです。

 

良い素材を使うと長く使えるという事をお子様はランドセルからも学ぶ事が出来ます。

 

素材についてはこちらのサイトで詳しく書かれています。>>ランドセルの素材

 

素材と重さは密接に関係しているので、特徴をしっかりと調べて選びましょう。

 

ランドセルの種類はクラリーノ、牛革、コードバン

ランドセルの素材は、主にクラリーノ、牛革、コードバンの3種類です。

 

一番人気は軽くて格安なクラリーノですが、耐久性では牛革やコードバンが上です。

 

以前は、牛革は重いという点が不評でしたが、最近はクラリーノとほとんど重さは変わらなくなってきています。

 

 

牛革は使い込むほどに体になじんでくるのが特徴で、風合いがあり、背中にもフィットします。

 

価格はクラリーノより高めですが、長い目で見たら悪い選択ではないでしょう。

 

ただ雨に弱いので、雨の日の手入れが大切です。

 

牛革よりさらに高級なのが、馬の尻革部分を使ったコードバンのランドセルです。

 

高級カバンにはよく使用される素材ですね。

 

子どもには少し贅沢と思われるかもしれませんが、耐傷性が高く、美しさを最も長くキープできる素材です。